Top >  マジック例題 >  サイレントで収録してみました(アッシャー・ツイスト)

サイレントで収録してみました(アッシャー・ツイスト)

今年、アカデミー賞で5部門を獲得した「アーティスト」を観る機会があったのですが、サイレント、つまり無声映画の持つ力に感心してしまいました。

音が無く、映像が全てなんです。 

日本での昔の無声映画上映では、台詞を語る「弁士」や、バイオリンなど小構成の楽団が、映像に合わせてパフォームすることで、盛り上げていたようですね。

早々に先日配信したメルマガでご紹介した「アッシャー・ツイスト」の演技部分を無声化してみました。

普段は台詞でごまかしている部分が粗(アラ)として露呈しますね。 開始20秒のところで、一回パケットを持ち直していますよね。 技法を行うのが楽になるように持ち直しているのですが、サイレントで見ると不自然で、ここで流れが乱れているのがよくわかります。

サイレントで見てみる大切さって、結構大発見かもしれません。


 <  前の記事 ドリブル・オフの練習  |  トップページ  |  次の記事 独断と偏見のトリックカード論  > 




無料メルマガ復刊のご案内

「ほぼ月刊」無料メルマガです。

「まぐまぐ」から発行している無料メルマガのお申し込みはこちらから。

ご好評いただいている有料メルマガは引続き発行していきますので、どうぞご心配なく。

ご希望の方はこちらからメールアドレスをご登録ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メールアドレス

メールアドレス確認(再入力)

 

 


カード調達