Top >  参考文献、教材 >  マジック愛好家のための専門誌 Genii

マジック愛好家のための専門誌 Genii

今月のカード・マジック・サロンで、海外のマジック専門誌、Genii(ジニー)の紹介とそこに紹介されていた作品をひとつ解説しました。

カードマジックに限ったことではないのですが、マジシャンなら知っておいたほうがいい、老舗の専門誌です。 創刊は1936年ですから、昭和11年。 世界で最も古くから出版を続けているマジック専門誌と言えます。

Genii には、The Conjurors' Magazine というサブタイトルが併記されていますが、ConjurorとはConjurer とも記され、「手品師、魔法使い」という意味です。 

その中身はというと、「手品師のための雑誌」と謳うタイトルを裏切らず、本当に様々なマジック関連の話題をカバーしています。

マジックがお好きな方なら英文の読解はともかく眺めているだけで楽しくなりますね。

Geniiは1990年代に、Genii Corporation なる会社組織に引き継がれ、Richard Kaufman を編集長として現在に至ります。

リチャード・カウフマン、って聞いたことある名前ですよね。 そうです、日本でも彼の著作は翻訳本として数多く出版されています。

Amazon で「リチャード・カウフマン」で検索してみると、東京堂出版から出ているマジック関連書籍で彼の著書を引っぱり出せます。

最近では、 「ジェイ・サンキー センセーショナルなクロースアップマジック」がありますね。


メルマガの映像では、30年以上前に購入した当時1ドルの値段だったGeniiも、見せびらかし的に紹介しました。 

記事の中には日本で開催されるマジックコンベンションの紹介があり、王子ひかる師、北海マキ師の全盛時のモノクロ写真などがあって興味深いです。

Genii03.JPG
Genii01.JPG
インターネットで、「Genii」で検索すると、購読手続きもできるサイトが探せるはずです。
申込みの際に AIR MAIL を選び、日本へ届けてもらう購読は年間で96ドル。
iPad で読めるダウンロード版、International Digital Subscription は、年間56ドル。

円高の昨今、内容からしてそれほど高額とは思えません。 是非お試しください♪

最近のGeniiは紙質も上等なカラー版。 それでも6ドルと500円もしません。 

Genii02.JPG






 <  前の記事 買ってみました・・・ Bicycle Pair Coffee Cup  |  トップページ  |  次の記事 鉄のデックでパストレーニング!  > 




無料メルマガ復刊のご案内

「ほぼ月刊」無料メルマガです。

「まぐまぐ」から発行している無料メルマガのお申し込みはこちらから。

ご好評いただいている有料メルマガは引続き発行していきますので、どうぞご心配なく。

ご希望の方はこちらからメールアドレスをご登録ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メールアドレス

メールアドレス確認(再入力)

 

 


カード調達