Top >  マジックを演じる楽しみ >  市販品を改造してみました

市販品を改造してみました

一種の「玩具」として販売されているマジックにも、優れた作品が数多くあります。

別にテンヨーのまわしものではありませんが、「誰でも楽しめる商品」としてのマジック商品の完成度はテンヨーが世界的にずば抜けていますね。

Genii や Magic などの海外雑誌の広告を見ると、新製品でも日本よりもプレミアのついた高価格で販売されているケースをみかけることがあります。

そんなテンヨーがここ数年、World Greatest Magic と銘打って、海外のユニークなマジック商品を発売しています。

今年の新製品の中で、「ゴースト・ランプ」という商品をお正月に買ってみました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 現象がハッキリしていて、シンプル。 かつ演じるのが簡単という優れ物なのですが、国産商品の例にもれず、使用されているカードはバイシクルやタリホーでないのが珠にキズ。

買ってから暫く人には見せずにいたのですが、ちょっと前にタリホー版に改造し、レパートリーに組み込んでいます。

改造版の作りを、単にカードのブランドを変えただけにしなかったために、新しい手順が可能になりました。 それがこの映像です。

この手順が良いか、悪いか、意見の分かれるところだと思いますが、改造したデックをいじっていると色々なアイデアが沸いてきた結果です。

アイデアを道具にもらう、ということがよくありますが、その典型例でしょうね。

映像をご覧の方、上記の市販品のデックはタリホーではありませんし、ここでご紹介している手順は改造デックによる一例です。 くれぐれもご注意ください。

 


 <  前の記事 4枚のカードを使ったトレーニング  |  トップページ  |  次の記事 カードマジックのクライマックスについて考える  > 




無料メルマガ復刊のご案内

「ほぼ月刊」無料メルマガです。

「まぐまぐ」から発行している無料メルマガのお申し込みはこちらから。

ご好評いただいている有料メルマガは引続き発行していきますので、どうぞご心配なく。

ご希望の方はこちらからメールアドレスをご登録ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メールアドレス

メールアドレス確認(再入力)

 

 


カード調達