Top >  よもやま話・・・ >  New York タネン・マジックショップでお買いもの

New York タネン・マジックショップでお買いもの

今、NYに来ています。

仕事とプライベートを合わせると12回くらい来たことがあるのですが、12月に来るのは初めて。

とにかく、寒いです! 今日はほぼ0℃。 

そんな寒風に負けず、マジック・ショップの老舗、タネン・マジック(Tannen's Magic Shop)に行ってきました。

前回店に行ったのはかれこれ10年くらい前で、カッパー製のカップ&ボールを買いましたが、当時はマンハッタンの南に位置する、ちょっと小汚い、地域の一画にあるビルの一室が店舗だったと記憶しています。

ところがどっこい今回Webで調べてみると、同じくビルの一室とは言え、34丁目。 そう、あのエンパイア・ステートビルやら、Macy's 百貨店がある一画です。

実際、タネンが入っているビルの向かいはGAP。 隣がトイザラスというありさま。 前回とは大分様子が違いました。

それでもマジックショップの宿命か・・・・ ビルの一室にひっそりという形は変わりません。

 

image5.jpg

このガラスのドアの少し先に守衛のおばさんが座っていました。 オフィス雑居ビルですから不思議は無いです。 入館リストに名前と時刻を書いたのはあくまで形式上のことでした。

目的の603号室を目指してエレベータで6階へ。

フロア案内の横に、タネンのおなじみのラビットマークを掲げた、603号室の方向を矢印で示した案内紙が貼られていました。

image4.jpg

店内の様子です。

部屋に入ったとたん、床がペンキの作業中で足場が無く往生しました。

「営業してる? 入っていいの?」と訊ねると、Sure sure!! と招き入れられました。

30分程、一通りの買い物を済ませた後、 Do you mind if taking some pictures ? と許可を求めると、全然問題無し、ペンキの作業中でホントにごめんね、という返事。

調子に乗って計3枚くらい撮らせてもらいました。

image3.jpg

image2.jpg

DVD教材をを物色していたら、「こんなの知ってるか?」とか、「これが今一番売れてる」とか、色々とカードマジックを演じてくれました。 

なんとかガルシアという人のDVDを3本買うと一本が只になるプロモーションをやっているとのことで、そのガルシアさんのDVDの中から一つ演じてくれましたが、自分にとってチョット月並みな内容だったので、丁寧にお断り。

きれいなウォンドがあったので見せてもらうと、その象牙の部分にダイ・ヴァーノンのシルエットが刻まれているのを発見。

これヴァーノンだね? と訊ねると嬉しそうに応じていました。 このウォンド、$225 ドルとお高いです。

ちょっと触らせてもらって、スピンニング・バニッシュの動きをしてみると、重さと言い、バランスといい、最高です。

でもなぁ・・・、ウォンドのために2万円をはたく勇気が無く、結局ショーケースに戻してもらいました。

 

メルマガの次号が「カード・インデックス」の特集だということもあって、カード・インデックスで良いのがないか聞いてみると、「今週カード・インデックスについて訊ねて来たのはアナタが2人目だよ。残念ながら今在庫がなく、この金曜日に入荷するんだけど・・・」とのこと。

金曜日はもう帰国しているので店での購入は無理。

じゃ、あとからWebサイトで確認して、気に入ったら買うね。 ということで諦めました(涙)。

お勧めのトリックデックとDVDを数本、それと Genii の最新号を買って引き揚げました。

タネンは普通の部屋を店舗にして、知る人ぞ知る、という形で営業しているのが特徴ですね。

Webのショッピングサイトもありますけど、実際の店舗は堂々とした店構えなど敢えてしていないところがマジック・ショップとしての信念でしょうか。

同じく北米でボストンやシアトルでマジックショップを訪れましたが、堂々と表通りに面して営業をしているところもあります。 別に悪いわけではないですが、主義の違いでしょう。

ひっそりと営業ということでは、昔よく通った祖師谷大蔵にあった「力書房」を思い出しましたね。

1920年代からの歴史を持つタネン。 テンヨーとの提携で海外製品を多く日本に紹介してくれたタネン。 NYの一等地に店を移して、まだまだ顕在の様でなによりです。

 

 <  前の記事 カードレビュー その4  |  トップページ  |  次の記事 NYCから、よもやま話もうひとつ・・・・・  > 




無料メルマガ復刊のご案内

「ほぼ月刊」無料メルマガです。

「まぐまぐ」から発行している無料メルマガのお申し込みはこちらから。

ご好評いただいている有料メルマガは引続き発行していきますので、どうぞご心配なく。

ご希望の方はこちらからメールアドレスをご登録ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メールアドレス

メールアドレス確認(再入力)

 

 


カード調達